うるま建設 東京(世田谷区・大田区)中心に対応

外構工事のジャンル別施工例

(株)うるま建設の外構工事コンテンツ

外構工事の主な事業内容と対応地域

主な事業内容

・門まわり・庭まわり・車庫まわり・タイル工事・インターロッキング・基礎工事・造成工事・土留工事・RC工事・ガーデニング   ・テラス工事・左官・マンションガーデニング・相模原市の土木工事・大工仕事など

※上記以外にも承っておりますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

工事の対応地域

東京エリアは、大田区・世田谷区、神奈川エリアは、相模原市を中心とした広域
外構工事・外構エクステリア工事は東京都一部の地域は行っておりませんので詳細はお問い合わせ下さい。

工事の対応地域

外構工事、外構エクステリアのうるま建設WEBサイトへようこそ

●新着News

弊社社長の孫(嘉手納杏果)が、ニュース・新聞等で紹介されました。詳しくは、下記のリンクからご確認ください。
タウンニュース Web/2020年5月14日
(嘉手納杏果がフェイスシールド200個を相模原市、50個を座間市の高齢者施設に寄付)

毎日新聞 Web/2020年5月11日/毎日新聞 朝刊紙面
(嘉手納杏果がフェイスシールド200個を相模原市に寄付)

東京新聞 TOKYO Web/2020年5月9日/東京新聞 朝刊紙面
(嘉手納杏果がフェイスシールド200個を相模原市に寄付)

相模原市長もとむら賢太郎公式ブログより引用/2020年4月15日/市長公式ブログに掲載
(嘉手納杏果が「絡まないハンガー」で特許取得をしたニュースのブログ)

日テレNEWS24(動画あり)より引用/2020年4月10日放送/日本テレビ Oha!4
(嘉手納杏果が「絡まないハンガー」で特許取得をしたニュース)

日テレNEWS24(動画あり)より引用/2020年4月9日放送/日本テレビ news every.
(嘉手納杏果が「絡まないハンガー」で特許取得をしたニュース)

朝日新聞DIGITAL/2020年4月6日/朝日新聞 朝刊紙面
(嘉手納杏果が「絡まないハンガー」で特許取得をした記事)

沖縄タイムス プラス/2020年4月2日/沖縄タイムス紙面
(嘉手納杏果が「絡まないハンガー」で特許取得をした事で弊社社長 嘉手納知俊と嘉手納杏果が新聞に掲載された記事)

その他、2020年6月10日 テレビ神奈川 猫のひたいほどワイドで放送、
5月27日 フジテレビ Live News itで放送、
5月9日 神奈川新聞 朝刊紙面に掲載、
4月20日 関西の読売テレビ 朝生ワイドす・またん!で放送、
4月12日 テレビ朝日 サンデーステーションで放送、
4月11日 フジテレビ めざましどようびで放送、
4月10日 フジテレビ めざましテレビで放送、
4月2日 タウンニュース掲載、同日FMヨコハマ ちょうどいいラジオで放送、
4月1日 NHK首都圏ネットワークで放送、
3月28日 東京新聞に掲載、
yahooニュース、Livedoor NEWS、goo news、MSNニュースなどでも掲載されました。


 外構工事や外構エクステリアを、東京の大田区・世田谷区でお考えなら、是非「(株)うるま建設」をご指名ください!

今注目の外構工事や、外構エクステリアは、メイン画像にある天然石のオークルストーンです。外構工事のオークルストーンは、石の中でも色がさめにくく南ヨーロッパや、地中海風をイメージした仕上がりになり、非常に美しいです。 玄関前に外構工事でオークルストーンを使用したお住まいは、多くなってきました。

 その他の外構エクステリアにおける外構工事としては、コンクリート素材の質感を更に昇華した次世代舗装材です。今や、外構工事次世代舗装材はエクステリアとしても、一般住宅のエクステリアだけでなくマンション入口のエクステリアにも多く使われております。
また、左官仕上げによる外構工事であるジョリパッドは今や洋風住宅の定番に!低コストで見栄えが良い外構工事が可能です。

外構工事や、外構エクステリアの(株)うるま建設は、庭師として外構の良さ・庭の良さを大切に、神奈川・東京No.1外構工事、外構エクステリア業者を目指します!ガーデニングや、造園、外構工事外構エクステリアなど、大きな庭から小さな庭まで、植木一本でも生きることの大切さを持って丁寧に心を込めて外構工事を施工させていただきます。
外構工事を大田区・世田谷区でお考えの際は、是非(株)うるま建設をご利用ください。

外構工事やエクステリア工事を行う場合に人気なのは、やはりアプローチ部分です。道路部分の門扉の位置から玄関ポーチに至るまでの途中部分にあたり、道路側からもよく見え、来客時にも利用される部分であるために整然としていて、しかも機能性やデザインにも配慮される必要があります。

 地域によってはかさ上げを行い段差を設ける場合もありますが、一方で医療機関を利用することの多い家族が住んでいる場合は、 階段とともに斜路を設ける場合も多いものです。このことで幾分遠回りすることがあっても安全に家の中へ出入りすることができるようになります。
 床材料はシンプルにコンクリート土間を打つこともありますが、家屋の住宅スタイルに合わせて計画することも多いものです。

和風の場合は飛び石を設置することもありますが、最近は敷地面積も狭くなってきているのと、土のままの部分を残すと雑草が生えてきて、手入れも要することになるので人工芝生に変えるケースも見られます。 石貼りやタイル貼りなどが利用されることが多く、目隠し目的やポイント的に樹木が配置されることも多いものです。

インターフォンや郵便受けは、玄関まで入ってきては差し支えがある場合に、その手前の門扉部分に設置されることも多く見られます。

 自家用車を持つ場合は住宅の中に取り込むケースや、敷地内に車庫を建てる場合、カーポートを設置するとか、屋根もつけずにスペースだけ確保するといった方法がありますが、玄関部分からも近くてしかも雨の日にも濡れずに乗り降りできるのが、使い勝手が良いものになると考えられています。

 外構工事としては門扉と共に外塀も築かれることになりますが、これは敷地の広さや家の中から門扉や道路側がどのように見えるかとか色々な観点から素材や高さを決めて施工する場合が多いものです。

外構工事は個人の考えだけでなくそのエリアの景観にも関わって来ますので、色彩やデザイン面でも配慮する必要があります。

Copyright (C) 2003 Uruma corporation. All Rights Reserved