トップ画像

外構工事の施工例

大田区で鋳物門扉と四角形の天然石床材を使用した玄関まわりの外構工事施工例 ブラウン色の壁材タイルと天然石貼りの床材を使用した高級感ある玄関入り口の大田区の外構工事施工例 大田区のオープン外構施工例/鋳物ファンクションポールと車庫コンクリート/レンガでできた花壇の写真 大田区のクローズ外構施工例/門柱とガレージには黒色ベースのタイルを貼り、白い門扉を組み合わせ、高級感あるどっしりとしたクローズ外構にした写真 玄関前に天然石をサークル状に敷き詰め、その周りをレンガで縁取りデザインし、周囲を車庫コンクリート打ちした大田区の外構工事施工例
車庫コンクリート打ちをしいた大田区の外構工事の施工例 世田谷区で車庫コンクリートにウィングゲートを取り付けた外構工事の施工例 レンガ積みの門柱と自転車置き場の世田谷区/外構工事の施工例 大田区で玄関横の塀の代わりにステンカラーのエクステリア角材フェンスで道路と敷地を仕切った外構工事の施工例 玄関アプローチには正方形のタイルを敷いた世田谷区のオープン外構の施工例
キューブブロックの上にウッドフェンスを施した大田区の外構工事の施工例 門柱はジョリパッド仕上げを施した世田谷区のオープン外構の施工例 玄関アプローチには人気の天然石床材を敷き詰めた高級感ある大田区の外構工事の施工画像 大田区で庭に樹脂のデッキ(ウッド調)を取り付けた事例 世田谷区で車庫まわりはコンクリート打ちとカーポートを施工し、玄関まわりには門柱とアプローチを施工した画像
ブラウン系の天然石をアプローチに使用した世田谷区の外構工事の施工例 ステンカラーの角材を玄関前に建て、目隠しにした大田区の外構工事の施工例 門扉を取り付けない外構工事の施工例/左右両脇に門柱を建て、セミクローズ外構にした世田谷区の例 車庫コンクリートにカーポートを施工し、ウイングゲートを取り付けたクローズ外構の施工例/大田区 庭にウッド調の樹脂デッキを施工した世田谷区の画像
ブラック&グレーカラーのタイル仕上げを施した門柱にステンカラーの門扉とポストで高級感を持たせた大田区の外構工事の施工例 カーブ調のレンガ門柱に白い門扉を取り付けた世田谷区の外構工事施工例 雨の日も安心、床材は天然石貼り・サンルームを施工した世田谷区の画像 車庫コンクリート打ちにカーポート、自転車置き場、門柱、ウイングゲートを施工した大田区の施工例 人気のキューブブロックの門柱に所々ガラスブロックを埋め込んだ大田区の外構工事施工例
玄関の門扉に続く階段にはレンガを使用、壁は白いジョリパッド仕上げで明るく演出した外構工事の施工例 化粧ブロックの門塀にステンカラーの門扉を施工したクローズ外構の施工例 車庫にシャッターゲートを取り付けた世田谷区の施工例 ブラウン系のメッシュフェンスと門扉を用いた大田区のクローズ外構の施工例 車庫コンクリートの目地にタマリュウを植えた世田谷区の外構工事施工例
施工例00034 施工例00035 施工例00036 施工例00037 施工例00038
施工例00039 施工例00040 施工例00041 施工例00042 施工例00043
施工例00044 施工例00045 施工例00046 施工例00047 施工例00048
施工例00049 施工例00050 施工例00051 施工例00052 施工例00053
施工例00054 施工例00055 施工例00056 施工例00057 施工例00058
施工例00059 施工例00060 施工例00061 施工例00062 施工例00063
施工例00064 施工例00065 施工例00066 施工例00067 施工例00068
施工例00018 施工例00017 施工例00016 施工例00015 施工例00014

≫外構工事施工例1  ≫外構工事施工例2  ≫外構工事施工例3

建物のリフォームを行うときに、同時に外構工事を行うとコスト面でお得になります。古い設備を撤去する
場合は、廃棄物の処理が問題になりますので、できるだけ廃棄物はまとめて処分したほうが低コストで済む
からです。廃棄物の運搬コストもまとめられますので、総合的に経費削減効果が大きくなります。

敷地内の環境を整備しながら外構工事を行いますので、土壌の改善や排水性の向上など、設備が残されて
いるままの状態では困難な施工もスムーズに行なえます。施工例を参考にするときのポイントは、敷地
面積と環境状況です。外構工事では敷地面積に対する建ぺい率を守りながら、改善点を含めて再設計
できます。古くなってしまったブロック塀は、そのままの状態では危険なこともあります。施工年数が
二十年を超えてしまっているブロック塀は、ブロック塀に雨水が浸透して内部の鉄筋が錆びてしまって
いる場合があります。

屋外で風水に当たり続け、紫外線のダメージを受けている箇所なので自然に経年劣化しますので、定期的
に防水工事を検討するのが理想的です。現実には新築時に施工したままの状態で済ませている場合が多い
ので、建物のリフォームに合わせて現状確認をしておくのがオススメです。必要に応じて対処できます
ので、まずは自然な経年劣化であっても地震による破損や倒壊が起きる可能性を調査してみてから判断
しても良いでしょう。

建物のリフォームの時に調査だけを行って、あらためて外構工事を行うことも可能です。ブロック塀を
撤去して、倒壊の危険性が少なくなるタイプに変更するプランも可能です。軽量で耐久性の高いフェンス
を施工すれば、目隠し効果を保ちながら通気性が高くなります。近年では防犯効果を高める対策として、
視界を遮るものを施工しない外構の施工例が増えています。

ブロック塀やフェンスで敷地を取り囲まずに、門扉だけを施工するプランです。建物から離れた位置に
ポストを設置して、訪問者が直接玄関に来ないようにできる施工例も増えています。

Copyright (C) 2003 Uruma corporation. All Rights Reserved