トップ画像

外構工事の施工例

施工例00083 施工例00082 施工例00081 施工例00080 施工例00079
施工例00078 施工例00077 施工例00076 施工例00075 施工例00074
施工例00073 施工例00072 施工例00071 施工例00070 施工例00069
施工例00019 施工例00020 施工例00021 施工例00022 施工例00023
施工例00024 施工例00025 施工例00026 施工例00027 施工例00028
施工例00029 施工例00030 施工例00031 施工例00032 施工例00033
施工例00034 施工例00035 施工例00036 施工例00037 施工例00038
施工例00039 施工例00040 施工例00041 施工例00042 施工例00043
施工例00044 施工例00045 施工例00046 施工例00047 施工例00048
施工例00049 施工例00050 施工例00051 施工例00052 施工例00053
施工例00054 施工例00055 施工例00056 施工例00057 施工例00058
施工例00059 施工例00060 施工例00061 施工例00062 施工例00063
施工例00064 施工例00065 施工例00066 施工例00067 施工例00068
施工例00018 施工例00017 施工例00016 施工例00015 施工例00014

≫外構工事施工例1  ≫外構工事施工例2  ≫外構工事施工例3

建物のリフォームを行うときに、同時に外構工事を行うとコスト面でお得になります。古い設備を撤去する
場合は、廃棄物の処理が問題になりますので、できるだけ廃棄物はまとめて処分したほうが低コストで済む
からです。廃棄物の運搬コストもまとめられますので、総合的に経費削減効果が大きくなります。

敷地内の環境を整備しながら外構工事を行いますので、土壌の改善や排水性の向上など、設備が残されて
いるままの状態では困難な施工もスムーズに行なえます。施工例を参考にするときのポイントは、敷地
面積と環境状況です。外構工事では敷地面積に対する建ぺい率を守りながら、改善点を含めて再設計
できます。古くなってしまったブロック塀は、そのままの状態では危険なこともあります。施工年数が
二十年を超えてしまっているブロック塀は、ブロック塀に雨水が浸透して内部の鉄筋が錆びてしまって
いる場合があります。

屋外で風水に当たり続け、紫外線のダメージを受けている箇所なので自然に経年劣化しますので、定期的
に防水工事を検討するのが理想的です。現実には新築時に施工したままの状態で済ませている場合が多い
ので、建物のリフォームに合わせて現状確認をしておくのがオススメです。必要に応じて対処できます
ので、まずは自然な経年劣化であっても地震による破損や倒壊が起きる可能性を調査してみてから判断
しても良いでしょう。

建物のリフォームの時に調査だけを行って、あらためて外構工事を行うことも可能です。ブロック塀を
撤去して、倒壊の危険性が少なくなるタイプに変更するプランも可能です。軽量で耐久性の高いフェンス
を施工すれば、目隠し効果を保ちながら通気性が高くなります。近年では防犯効果を高める対策として、
視界を遮るものを施工しない外構の施工例が増えています。

ブロック塀やフェンスで敷地を取り囲まずに、門扉だけを施工するプランです。建物から離れた位置に
ポストを設置して、訪問者が直接玄関に来ないようにできる施工例も増えています。

Copyright (C) 2003 Uruma corporation. All Rights Reserved